銀座「資生堂パーラー」あるという、「伊勢海老とアワビのカレー」を食べるまでを記した感動のブログになる予定(多分)→とりあえず食べたw。 今後は某局所的一地方都市のカレーを紹介していく可能性が高い。そこに需要があるかは神のみぞ知るw
華乃風日日
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
レストラン香味屋 華乃風のオススメカレーその31
2007-07-11-Wed  CATEGORY: カレー
今回紹介するお店は「レストラン香味屋」です。洋食屋さんのカレーが味わえます。系統は欧風ですね。最寄り駅はJR「鶯谷」、もしくは日比谷線「入谷」になります。お店の中は由緒正しき洋食屋さん。黒服の男性の接客は、サービス業に関わる人は見ておいて損はないですよぉ。Photo Sharing and Video Hosting at Photobucket
写真はビーフカレー(2300円)です。ちょっと破格ですよねw。なかなか、カレー単品で2000円オーバーはないです。以前に紹介した、浅草のレストラン大宮がそうでしたけど。実際のところ、このレストラン香味屋(かみや)に行ってみればわかるのですが、客層が尋常じゃないです。人生を十分に楽しんでいます、あるいは十分に楽しんで、今は悠々自適な生活をしていますといった方々がワラワラ来るお店です。なので、値段設定が半端じゃないです。


さて、肝心のカレーですが、ここのビーフも良く煮込んであります。「口に入れるととろける」という表現がありますが、この店のビーフは「口に入れるとほぐれる」という表現が妥当でしょう。ちゃんとお肉の食感を楽しめるのですが、噛むのに全く力を必要としない、ということですね(=゚ω゚)ノ 。欧風ですのでルウタイプです。辛さはやや甘口ですね。中辛、というには甘いかな、といったところです。


ところで、欧風カレーを食べる際のマナーってご存知ですか?必ずそうしなさいというわけではないのですが、欧風カレーによく見られる、ポットに入っているカレーを食べる際は、食べる分ずつライスにカレーをかけて食べるのが良いとされています。いきなりポットのカレーを全部かけるのはよろしくないんですね。主な理由は、食べ終わった際の皿の美しさにあります。上手に食べると、ライスのお皿はほぼ真っ白にできるわけです(=゚ω゚)ノ 。こういうお店で、さりげなくやってのけるのに意味があるかもしれません。周りをセレブでテーブルマナーばっちりな方々に囲まれていても恥ずかしくないですよw。


マナーについて書きましたが、あくまでそういう食べ方がある、くらいに考えてもらって結構です。一番大事なことは、楽しく美味しく食べることです(=゚ω゚)ノ 。その際に周囲の人に迷惑をかけず、作ってくれた人には敬意を払うことが出来ればなお良し、ということですね。マナーやエチケットはその為にあります。


お店のサイトはこちらからどうぞ☆


関連記事:レストラン大宮 華乃風のオススメカレーその3


35/43/14.772,139/47/12.343
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2018/05 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 華乃風日日. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。